マンダノ沢・下天狗沢 1

盛岡ICに5時集合!盛岡は曇り空でしたが、
仙岩トンネルを超えると、そこは一面の青空♪

今回はMさん、Cさん、Wさん、そして
私の計4名で遡行して参りました。

夏瀬温泉の新奥の細道、吊り橋です。

2012年7月21日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 2

その吊り橋から玉川の清流を望みます。
いつ見ても綺麗だなぁ〜♪(^o^)

2012年7月21日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 3

夏瀬温泉から45分で堀内沢の入渓地点、
取水口に到着します。いよいよ遡行開始!

沢というより川を思わせる大きさです。
流れも結構強く、徒渉点を探しながら遡行。

2012年7月21日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 4

去年6月の集中豪雨で山肌が削られ崩壊、
土石で埋まってしまった感がありますが、
それでも、綺麗です。

集中豪雨前と比較すると、かなり渓相が
変わりました。同じ沢とは思えないほどです。

2012年7月21日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 5

場所によってはジェット水流!

この水量ですから、増水時の遡行は厳しく
天候の見極めが成否のポイントになります。

2012年7月21日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 6

マンダノ沢、今回で5回目の遡行です。
4度も行けば、どこがどのように変わったのか?
ある程度わかります。変化の状況を
確認しながら遡行した次第です。

お天気も良く、綺麗な渓相が続きます。

2012年7月21日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 7

堀内沢の象徴、三角錐の岩。
絡まっている倒木をどけてやりたいけど…。

左岸の枝沢から流れた土石で樹木が
根こそぎ流され、スラブ状の枝沢が
見渡せるようになりました。
以前は、樹木に覆われ見えなかった場所です。

2012年7月21日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 8

最初の難所、2条15M滝。
以前は、巨岩と水線左の間の洞窟の中を登れ
たのですが、土砂で出口が埋まっていました。

よって、ここは右岸より高巻きます。
最近人が入っていないのかな?
以前より悪くなっていてザイルを出しました。
また、以前は巻き道が沢床に続いていて、
そのまま降りられたのですが、今回は崩壊
しており12Mの懸垂下降を強いられました。

2012年7月21日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 9

上の2条12M滝の数十メートル先にある滝。

以前は、右岸より簡単に巻けたハズですが…。
右岸の側壁が崩れ、突破が難しくなりました。

赤点線が我々が今回登ったルートです。
赤矢印の立木までのトラバースが悪い。
ザイルを出しました。

2012年7月21日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 10

その上の写真の滝に取りつくMさんと
「私、行けるかしら…?」と不安げに
見守るWさんです。

2012年7月21日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 11

上の写真の滝のトラバース開始地点です。
崩壊しており、一歩が悪かったです。

ここは、落ちられないところです。
大ベテランのMさんが、バッチリ決めてくれました!

2012年7月21日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 12

水がキラキラ輝き、綺麗だなぁ〜♪
ウットリですね。(^o^)

2012年7月21日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 13

和賀山塊の沢、今の時期がお勧めです。
梅雨明け前で、アブがまったくおらず快適!

あと一週間もすれば、梅雨明けし
アブアブ大行進の沢に変貌します。

2012年7月21日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 14

この12Mほどの小滝、いつも(過去4回)
左側のバンドを登っていました(容易)。
そのバンドが崩れ、取り付けなくなっていました。

左岸より高巻きましたが、集中豪雨
による土砂崩れで足場が悪いです。
以前は、こんなに崩れていませんでした。

2012年7月21日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 15

冷たいけど気持ちい〜い♪


2012年7月21日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 16

蛇体淵手前(5分ほど)の山肌の崩落と
大量の土石には驚かされました。

今にも巨岩が落ちてきそうで、怖いっ!
雨天時、地盤が緩んだ時は、要注意です。

2012年7月21日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 17

ここを超えると、穏やかな渓相に激変し
蛇体淵に到着するのですが、以前、
こんな滝、なかったと思うのですが…。

以前は、膝下程度の淵になっていて、
右側をそのまま通過した記憶があるのですが…。

2012年7月21日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 18

上の写真の小滝を超えると、このような
穏やかな渓相に激変します。

まさに「癒しの空間」ですね♪
そこから5分も歩けば…

2012年7月21日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 19

神秘的な淵、蛇体淵に到着です。
今宵の泊り場で、何度泊まっても最高!

私にとって、5度目の宿泊になります。
そりゃもう、住みたいくらいですよ♪

2012年7月21日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 20

ターフを張り寝床完成♪
薪も直ぐに集まり、宴会モードに突入!

2012年7月21日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 21

大好評だったイワナの骨酒♪
楽しいひと時です。(^o^)

2012年7月21日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 22

たき火を囲みながら語らう仲間たち。
至福の一時です♪(^o^)

2012年7月21日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 23

宴もたけなわ♪
酔っぱらって、何時に寝たか、
全く覚えていません…(^^ゞ。

2012年7月21日撮影

マンダノ沢・下天狗沢 24

明けて翌日・・・今日も快晴♪
二日酔いにならず、よかった!

今日の行程は長〜いです。
6時15分に出発!

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 25

小滝が連続し、楽し〜い♪


2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 26

深い釜を持った小滝が多いですが、
泳がずとも、どれも楽しく登れます。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 27

ブルーのナメ床が綺麗♪
そして、渓相も綺麗です。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 28

ナメが続き癒されます♪
何度来ても、この光景には感動します。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 29

860mの二俣、上天狗沢出合です。
ここは右側の沢、下天狗沢へと進みます。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 30

両岸狭まりゴルジュっぽくなってきます。


2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 31

8Mほどの小滝、朝からシャワーは勘弁…(^^ゞ。
てなことで、ここはいつも左岸の側壁を
登ることにしてます。ザイル要。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 32

その滝の巻きでリードの準備をする私。

ブッシュをつかむ最後の数歩が悪い。
ここも以前より悪く(脆く)なっていました。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 33

これも8Mほどの小滝。
快適に直登出来ます。

上からメンバーを見守る私。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 34

顕著なV字谷になってきます。

これはきっと出てくるぞ!と期待が膨らみます。
高巻きは悪いので、出来る限り
直登した方が安全だと思います。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 35

この淵は深く、いよいよ泳ぎか…と
覚悟しましたが、右岸よりヘツって
泳がずに突破できました。

足が短いと苦労する場所です。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 36

そこをヘツるWさんです。
「集中、集中!」と気合を入れていました。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 37

深い釜と小滝が連続し、まったく飽きさせません。
そして、何よりも綺麗です♪(^o^)

滝上にマタギの?Cさんがいます。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 38

ここも8mほどの小滝です。
右岸より快適に登れます。

2006年に遡行した時もこの滝を撮影。
水量を比較すると、今回の方がかなり多い。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 39

微妙なトラーバースで楽しませてくれます。
Wさん、集中、集中!!!

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 40

この滝も以前に比べ悪くなっていました。
以前は右岸の溝状を直登しましたが、
結構脆く落石に要注意です。

今回は安全を期して左岸の草付きをアイス
ハンマーを刺しながら登りました(ザイル要)。
傾斜が強い草付き斜面で難所です。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 41

その草付き斜面を登るWさん。
集中、集中!!!

Wさん、アイゼン履いて登っていました。
いいな、いいな〜!準備のいいこと〜!

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 42

これは2004年9月に撮影したもの。
実は、これ上の滝と同じなんです。

この水量の違い!この時は雨、深い釜に
なっていて、そこをトラバースし、そのまま直登。

登攀時、落石を起こさないよう神経を使いました。
トラバース時、お助け紐で確保する私です。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 43

1100mにある15M滝です。
容易に直登出来ます。

忍者のごとくスイスイ登るMさんです。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 44

ここまで登れば源頭も近い!
水が枯れてからが結構長いです。

傾斜が強く、体力勝負です。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 45

稜線が見えているに、なかなか着きません。
お疲れモードのCさんとWさん。

実は、私もお疲れモードでした。(^^ゞ
草原地帯で気持ちいい所です。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 46

羽後朝日岳の山頂直下にてCさん。

最後はお花畑の中をヤブ漕ぎ
なしで楽しくツメ上げます。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 47

蛇体淵より登ること5時間で
羽後朝日岳の山頂に到着で〜す♪(^o^)

私にとって沢と残雪期、7度目の山頂です。
7回とも全て展望を満喫できました!
これは奇跡に近いかもしれませんね。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 48

山頂でくつろぐメンバーの面々。
左にいるのが私です。

後方に秋田駒ケ岳(左)、
岩手山(右)を望みます。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 49

山頂より田沢湖を望みます。


2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 50

秋田駒ケ岳(左)、岩手山(右)を望みます。
雲海がとても綺麗でした♪

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 51

右に大荒沢岳を望みます。
残雪期は、この尾根を縦走し山頂に至ります。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 52

山頂を後にし、部名垂沢下降点を目指します。
灌木帯にて時々かすかな踏み跡を
見失い、探しながら前に進みます。

以前は、迷いやすい場所には目印のテープ
があったのですが、全て撤去されていました。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 53

ニッコーキスゲの群生が凄かったです。

まるで「アルプスの少女みた〜い!」と
大喜びのWさん。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 54

もう直ぐ部名垂沢の下降点です。

部名垂沢の下降点はブッシュに覆われ、
しかも、目印のテープも撤去されていて
非常に分かりにくくなっていました。

私は過去5回も下っていますので、
「あっ!ここだっ!」とわかりましたが、
初見ですと分からないかも?

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 55

奥に田沢湖、左手前に夏瀬ダムが見えます。
あそこまで下るのか…と、遠い目…(^^ゞ。
まだまだ先は長いです。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 56

部名垂沢の下降は、傾斜が強いです。
去年の集中豪雨の影響でしょうか、
かなり荒れていました。

浮石が多く、慎重に下ります。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 57

滝など下降が難しい所には、
真新しい虎ロープが張ってありました。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 58

最後の虎ロープ箇所です。
ここを下れば、傾斜も緩くなります。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 59

土石で沢は大荒れでした(^^ゞ。

私、結構クタクタ状態でした。
部名垂沢で、ヘナタレ状態なる私…。
歩けど歩けど、着かない…。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 60

これが見えれば林道は近い!
もうヘトヘトなんですけど…。

こんなに疲れたの、久し振りです。
私も歳を取ったなぁ…(^^ゞ。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 61

このマンホールが目印!
やっと、部名垂林道に到着です。

林道の位置、2万5千図と異なります。
実際は、標高250mの所になります。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 62

部名垂林道を下ること約30分で、
夏瀬温泉に至る林道、T字路にぶつかります。

夏瀬温泉まで3.9Kと書いてあります。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 63

その林道、工事の真っ最中でした。
ここより先は、崩壊激しく徒歩以外通れません。

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 64

こんな感じで、ズタズタ状態でした。
3年前に通った時は、車が走れるほど
快適な林道だったのですが…。

11時間後、やっと車デポ地の夏瀬温泉に到着!
長くも、とっても充実した楽しい山行でした。
皆さん、ありがとうございました♪感謝!

2012年7月22日撮影
マンダノ沢・下天狗沢 65 GPSのトレース ※クリックで拡 大(GPSの乱れあり)
【2012/7/21】 行動時間 7時間 30分 (休憩時間含む)
夏油温泉(6時30分)〜朝日沢出合(8時25分)〜八滝沢出合(10時15分)〜蛇体淵(14時)泊 ▲

【2012/7/22】 行動時間 11時間 (休憩時間含む)
蛇体淵(6時15分)〜上天狗沢出合(6時50分)〜898m出合(7時20分)〜羽後朝日岳山頂(11時15分)〜
部名垂沢下降点(11時55分)〜840m出合(13時5分)〜340m出合(15時)〜
部名垂林道入口(15時20分)〜夏瀬温泉(17時15分)

目次へ戻る HOMEへ戻る