★ 著者紹介
1864年、英国生まれ。父の事業の破綻と死から15歳で学校を退学。以後、様々な仕事に就きながら独学で学び、38歳で執筆活動に専念する。作家としてのキャリアは他界した1912年までの9年間と短いが、執筆された19冊の著書は世界中で愛読された。

1902年に書かれた本書『AS A MAN THINKETH』は、現代の成功哲学の祖として有名なナポレオン・ヒル、デール・カーネギ、オグ・マンディーノ、ナイチンゲールなどに強い影響を与えた。いまなお、自己啓発のバイブルとして、世界中に読まれ続けている。

★ 掲載の本

【「原因」と「結果」の法則】 サンマーク出版       訳:坂本 貢一

★ 訳者前書き
本書は、英国が生んだ謎の哲学者、ジェームズ・アレンによって、ほぼ一世紀前の1902年に書かれたものですが、世界中でいまなお着実に売れ続けているという驚異的なロングセラー書です。正確な数字はわかりませんが、この世界の歴史上最も多くの読者を獲得してきた自己啓発書だといって間違いないでしょう。聖書に次ぐベストセラーだとさえ言われています。

本書はまた、のちの欧米の自己啓発書作家たちに強い影響を及ぼし、彼らを通じても無数の人々を勇気付けてきました。現代成功哲学の祖として知られるナポレン・ヒル、デール・カーネギ、アール・ナイチンゲールらを筆頭に、ノーマン・ヴィンセント・ピール、デニス・ウェイトリー、オグ・マンディーノその他、自己啓発文学に興味を持つ人であれば誰もが知るそうそうたる作家たちが、彼らの成功理論を補強する目的で、こぞって本書の内容を引用しているのです。

あらゆる先入観を排除して、じっくりとお読みになってください。この本が世界中でいまだに売れ続けている理由も、それでよくおわかりいただけるはずです。本書の目的は、「自分こそが自分の人生の創り手である」という真実に気づくのを促すことにあります。

★ 本の要点  「原因」と「結果」の法則

戻る


 思いと人格
心は、創造の達人です。そして、私たちは心であり、思いという道具を用いて自分の人生を形作り、その中で、様々な喜びを、また悲しみを自ら生み出しています。私たちは心の中で考えたとおりの人間になります。私たちを取り巻く環境は、真の私たち自身を映し出す鏡に他なりません。

私たちの人生は、ある確かな法則にしたがって創られています。私たちがどんな策略を用いようと、その法則を変えることはできません。「原因と結果の法則」は、目に見える物質世界においても、目に見えない心の世界においても、常に絶対であり、揺らぐことがないのです。

私たちは、自分自身の思いによって、自分を素晴らしい人間に創り上げることも出来れば、破壊してしまうことも出来ます。心という思いの工場の中で、私たちは、自分自身を破壊するための兵器を作り続けることも出来ますし、強さと喜びと穏やかさに満ちた美しい人格を創るための、優れた道具を作り続けることも出来るのです。正しい思いを選んでめぐらし続けることで、私たち気高い、崇高な人間へと上昇することが出来ます。と同時に、誤った思いを選んでめぐらし続けることで、獣のような人間へと落下することも出来るのです。

「人間は思いの主人であり、人格の制作者であり、環境と運命の設計者である」
.
 思いと環境
もし素晴らしい人生を送りたいのなら、自分の心の庭を掘り起こし、そこから不純な誤った思いを一掃し、その後に清らかな正しい思いを植えつけ、それを育み続けなくてはなりません。

私たちは、進歩し、進化する生き物であり、どんな時にも自分が学び、成長を遂げるために最適な場所にいます。そして、もし私たちが、ある環境で必要な学習を積んだならば、その環境は間もなく、次の新しい環境に取って代わられることになります。

自分の心をしっかりと管理し、人格の向上に努めている人たちは、「環境は思いから生まれ出るものである」ということを熟知しています。

なぜならば、既に彼らは、環境の変化と心の状態の変化が、常に連動していることに気づいているからです。人間は、自分自身の人格的な欠陥を意欲的に正し、進歩を遂げたとき、それに見合った環境の変化を体験することになります。心は、それ自身が密かに抱いているものを引き寄せます。それは、それ自身が本当に愛しているもの、あるいは恐れているものを引き寄せるのです。
.
 宇宙は常に公平
良い思いや行いは決して悪い結果を発生させませんし、悪い思いや行いは決して良い結果を発生させません。これは、トウモロコシからはトウモロコシ以外のものは決して成長しないこと、あるいは、イラクサからはイラクサ以外のものは決して成長しないことと同じくらい明らかなことです。この法則が自然界の中で機能していることは、誰もが知っています。でも、それが個人の人生の中でもまったく同じように機能しているという事実を認識している人は、とても少数です。苦悩は、常に何らかの方面の誤った思いの結果です。

喜びは正しい思いの結果であり、苦悩は誤った思いの結果なのです。

私たちは、自分の環境を直接はコントロールできないかもしれません。でも、自分の思いは完璧にコントロールできます。よって、私たちは間接的に、自分の環境をコントロールすることが出来ます。

宇宙は、私たちがめぐらす思いの具現化を、常に援助してくれています。私たちが良い思いをめぐらそうと、悪い思いをめぐらそうと、それを最も速やかに具現化させるための好機の数々が、私たちの前に休みなく現れ続けているのです。もし私たちが、意地悪な思いを捨て去ったなら、その時から世界中が私たちにやさしく接し、私たちを援助し始めることになります。もし私たちが、病的で弱々しい思いを放棄したならば、私たちの強い決意を援助すべく、あらゆる好機が湧き上がってくるでしょう。もし、私たちが正しい思いのみめぐらし続けたならば、例えいかなる不運であっても、私たちに悲しみや辱めを与えることはできなくなります。あなたの環境は、あなた自身の心を映す万華鏡です。
.
 思いと健康
病気と健康は、環境同様、心の中でめぐらされる思いの明らかな現れです。病的な思いは、それ自身を病的な肉体を通じて表現します。恐れは、人間を弾丸にも劣らぬ速さで殺すことさえあります。病気を恐れながら生きている人たちは、やがてそれを実際に手にする人たちです。あらゆる種類の不安が肉体を混乱させ、混乱した肉体は、病気に対して無防備です。

けがれた思いは、たとえ行動に移さなくても、神経系統をずたずたにしてしまいます。強くて清らかで幸せな思いは、活力に満ちた美しい肉体を創り上げます。心の中で繰り返しめぐらされた思いは、それが良いものでも悪いものでも、その内容に応じた結果を、肉体内で確実に発生させているのです。綺麗な心からは、綺麗な人生と綺麗な肉体が創られ、けがれた心からは、けがれた人生とけがれた肉体が創られるのです。いくら食生活を改善しても、自分の心を改めようとしない人間には、ほとんど効果ないのです。

綺麗な思いは、綺麗な習慣を創り出します。自分の心を洗わない聖者は、聖者ではありません。自分の心を強化し、浄化した人間は、その時から、もはや病気とは無縁になります。あらゆる生命体に対する深い思いやりと共に毎日を生きる人間は、大いなる安らぎがもたらされます。
.
 思いと目標
人間を目標に向かわせるパワーは、「自分はそれを達成できる」という信念から生まれます。疑いや恐れは、その信念にとって最大の敵です。

思いと目標が結びつかない限り、価値ある物事の達成は不可能です。でも、目標を持たないために人生の海原を漂流している人たちが、驚くほどたくさんいます。目標を持たないことの弊害は、あまりにも大きいといわざるをえません。

私たちは、人生の目標を持たない時、つまらないことで思い悩んで、余計な苦労を背負ってみたり、ちょっとした失敗で直ぐに絶望してしまう傾向にあります。人間は、理にかなった人生の目標を心に抱き、その達成を目指すべきです。その目標に、自分の思いを集中して向け続けるべきです。たとえ、その目標の達成に繰り返し失敗したとしても、それを通じて身に付けることの出来る心の強さは、真の成功の確かな礎として機能することになります。

どんなに弱いに人間も、自分自身の弱さを知り「弱さは持続的な鍛錬によってのみ開発される」という真実を信じた時から、奮闘・努力を開始します。虚弱な肉体を持つ人間が、それを忍耐強いトレーニングによって強化できるように、虚弱な心を持つ人間も、それを正しく力強い思いを意識的にめぐらし続けることによって強化できるのです。

疑いや恐れは、いかなる達成にも役に立ちません。それらは、私たちを常に失敗へと導こうとします。疑いや恐れを克服することは、失敗を超越することです。それらが克服された時、人間の思いは強力なパワーで満ち溢れます。
.
 思いと成功
もしあなたが自分の心と人生を根気よく観察し、分析したならば、弱さとはそもそも身勝手な欲望から発しているものである、ということにも気づくはずです。私たちは、自分の心を高めることによってのみ上昇し、克服し、達成します。そして、その努力を怠ることによってのみ、弱さ、絶望、苦悩の中に溜まり続けるのです。

人間は、もし成功を目指すならば、自分の欲望のかなりの部分を犠牲にしなくてはならないのです。私たちは、犠牲を払うことなくしては、いかなる進歩も成功も望めません。私たちの成功は、私たちがその達成をどれだけ強く決意し、その計画の上にいかに強く心を固定するかに加えて自分の欲望をどれだけ犠牲に出来るかにかかっています。そして、私たちが自分の心を高めれば高めるほど、より高く、より公正な人間になればなるほど、私たちの成功は、より大きな、より祝福された、より持続的なものとなります。

宇宙は、たとえ表面的にはどのように見えようと、貪欲な人間、不正直な人間、不道徳な人間を決して援助することがありません。宇宙は、慎み深い人間、正直な人間、清らかな人間のみを支え、援助するのです。
.
 ビジョン
気高い夢を見ることです。あなたは、あなたが夢見た人間になるでしょう。
あなたの理想は、あなたの未来を予言するものに他なりません。


気高い理想を掲げ、そのビジョンを見続けている人間は、いつの日にか、それを現実のものにします。コロンブスは、未知の世界のビジョンを抱き続け、それを発見しました。コペルニクスは、他の無数の世界と、より広い宇宙のビジョンを抱き続け、それを証明しました。釈迦は、穢れのない美しさと完璧な平和に満ちた精神世界のビジョンを抱き続け、その中に進入しました。

理想を抱くことです。そのビジョンを見続けることです。あなたの心を最高にワクワクさせるもの、あなたの心に美しく響くもの、あなたが心から愛すことが出来るものを、しっかりと胸に抱くことです。もし、あなたがそのビジョンを見続けたならば、あなたの世界は、やがてその上に築かれることになります。
.
 あらゆる成功が努力の結果
不注意な人間、無知な人間、怠け心を持つ人間は、表に現れた「結果」だけに目を奪われ、その背後に存在する「原因」を見ようとしないために、あらゆる成功を、幸運、運命、あるいは偶然などという言葉で片付けようとしています。

富を築き上げた人、知性に溢れた人、神のような人格を備えて大きな影響力を手にしている人達を見て、彼らは言います。あの人はなんて幸運なんだろう!なんて恵まれているんだろう!なんて良い巡り合わせにあるんだろう!彼らは、その運の良い人達が、より良い人生を夢見て流し続けてきた「血と汗と涙」の部分には決して目を向けません。それらの人達は、強い信念を維持し、数々の犠牲を払い、粘り強い努力を続けてきた人達なのです。そうやって理想の実現を目指して、様々な困難を見事に乗り越えてきた人達なのです。

人間が達成するあらゆる成功が、努力の結果です。そして、努力の大きさによって結果の大小が決定します。そこにはいかなる偶然も介在しません。
.
 穏やかな心
人間は、自分が思いによって創られた存在であることを理解すればするほど、より穏やかになります。なぜならば、その知識は、自分以外の全ての人達も同じようにして創られた存在であるという認識を、自然に促すことになるからです。人間は穏やかになればなるほど、より大きな影響力、より大きな権威を手に出来ます。なぜならば、人々は常に、冷静で穏やかに振舞う人間との関わりを好むものであるからです。この上なく穏やかな心は、この上なく強い心です。穏やかな心の持ち主は、常に愛され敬われます。

「心の平和」とも呼ばれる、そのこの上なく貴重な人格的要素を身に付けることは、私たちの究極的な目標です。穏やかな心は、真実の海の中・・・水面から遠く離れた、いかなる嵐の影響も及ばない永遠の静寂の中に住んでいます。
.
 編集後記
この本、岩手県内でもベストセラーになっているようです。書店に行くと、ジェームズ・アレンのコーナーまで設置されているくらいです。皆さん、これをお読みになって いかがでしたでしょうか?この本が一世紀にもわたって読まれ、売れ続けてきた理由を感じ取っていただければ幸いです。あなたの「思い」が人格や環境、健康、そして人生を創っていくのです。
.
 最後まで読んで下さってありがとうございました   2004年3月28日(日)
.
  前のページへ戻るHOMEへ戻る