滝観洞 天の岩戸の滝 1

岩手は気仙郡、住田町にある鍾乳洞、
滝観洞(ろうかんどう)へ行って参りました。

この洞窟にある滝「天の岩戸の滝(29M)」
は、日本一の落差を誇るようです。

昨日、生徒さんに「ケービング(洞窟探検)と
滝見の両方を楽しめるエキサイティングな
場所ですよ!」と聞き、行って参りました。

2005年4月17日撮影
滝観洞 天の岩戸の滝 2

この洞窟に入るには、このような
格好をします。天井が低いので
よく頭をぶつけますので、ヘルメットは
必携です。私も結構ぶつけました。(^_^;)

また長くつとポンチョ(簡易雨具)
も必要ですよ!貸してくれます。
ちょっとした冒険気分を味わえます♪
入場料は800円なり。

2005年4月17日撮影(写真提供えるさん)
滝観洞 天の岩戸の滝 3

入り口はこんなに狭いのですよぉ〜!
腰をかがめながら歩かなければなりません。
通路は天井が低く、結構狭いですよ!

背の高い人や太っている人は、
ちょっと大変かも・・・?(^_^;)


2005年4月17日撮影
滝観洞 天の岩戸の滝 4

天井が低い!これはかなりマシな方です。
目指す「天の岩戸の滝」までの
距離は880Mあります。
足元が滑りますので、慎重に!


2005年4月17日撮影(写真提供えるさん)
滝観洞 天の岩戸の滝 5

鍾乳洞だけあって、地下水が流れています。
透明度の高い透き通った綺麗な水でした。


2005年4月17日撮影(写真提供えるさん)
滝観洞 天の岩戸の滝 6

これは側壁を撮影したものです。
ところどころライトアップされていて
綺麗でしたよぉ〜♪(^o^)


2005年4月17日撮影
滝観洞 天の岩戸の滝 7

この鍾乳洞を歩いている時、上越方面の
沢を思い出しました。両壁が狭まっており
両手を伸ばせば、届くほどの狭いゴルジュ!
井戸の底にいるような錯覚に陥ります。


2005年4月17日撮影
滝観洞 天の岩戸の滝 8

これは天井を撮影したもの。
「どこまで続いているんだろう?」って
思うくらい、狭いクラックが上まで
続いています。


2005年4月17日撮影
滝観洞 天の岩戸の滝 9

これは側壁を撮影したもの。
ライトブルーが綺麗ですねぇ♪(^o^)


2005年4月17日撮影(写真提供えるさん)
滝観洞 天の岩戸の滝 10

蝙蝠が側壁にぶら下がっていました。
寝ているのかなぁ?「宙吊り状態で頭に
血が上らないだろうか?」と、他人事
ながら?心配してしまいました。(^_^;)


2005年4月17日撮影
滝観洞 天の岩戸の滝 11

ライトアップされているところには、コケが・・・。
神秘的でしたねぇ〜!(^o^)


2005年4月17日撮影(写真提供えるさん)
滝観洞 天の岩戸の滝 12

ちょっとした小滝も・・・。
特に夏はこの洞窟内、涼しいだろうなぁ?


2005年4月17日撮影
滝観洞 天の岩戸の滝 13

おぉぉ〜!ついに到着!
これが「天の岩戸の滝」で〜す♪

落差29Mで洞窟内の滝では
国内最大とか・・・。

水しぶきが凄かったです。
しばし見とれていました。

このような洞窟内の暗い場所での
写真撮影は、結構難しいですねぇ!
ピンボケが多かったです。(^_^;)

2005年4月17日撮影
滝観洞 天の岩戸の滝 14

この滝の左壁にはリングボルトが
連打されていました。その昔、人工登攀で
登られたようです。「この滝の上は
どうなっているんだろう?」って、私も
登ってみたくなりました。


2005年4月17日撮影(写真提供えるさん)
滝観洞 天の岩戸の滝 15

まさに悠久の時が刻んだ自然の造形美!
この滝観洞は、JR東日本釜石線、
上有住(かみありす)駅の直ぐ側にあります。
ここの名物は「滝流しそば」のようです。

この滝観洞、ちょっとした冒険気分を
味わいたい方にはいいかもぉ〜!


2005年4月17日撮影

滝一覧表に戻るHOMEへ戻る滝の扉に戻る