早池峰 七折の滝 1

この滝のアプローチは「岳」からの一般登山道
を行くのですが、今回は、える氏のご指導の下?
嫁ヶ淵バス停のちょい先を左に入り折合沢沿い
に付けられた林道から入ってみました。

RV車なら標高600Mあたりまで入れます。
そこに車を駐車し歩き始めました。
左の写真が、その時の写真です。

2005年4月10日撮影(写真提供えるさん)
早池峰 七折の滝 2

今の時期、結構雪崩が怖いのですが
(ましてや沢沿いのルートですし)、
予想以上に雪が少なく、ホッと致しました。
当然ラッセルを覚悟していたのですが、
ツボ足で歩けるほどでしたよ♪


2005年4月10日撮影(写真提供えるさん)
早池峰 七折の滝 3

途中一箇所右岸から左岸へ徒渉しなければ
なりません。ロープが掛かってありました。
これは、下山時に撮影したものです。

沢の音色を聞きながら歩けるなんて
幸せでしたよぉ〜♪(^o^)

2005年4月10日撮影(写真提供えるさん)
早池峰 七折の滝 4

徒渉後、急斜面の雪壁?を登る私です。
今の時期の雪は、腐れていますので、
何度かハマリました。ズボッ!っと。
まるで、落とし穴にハマッタ感じです。


2005年4月10日撮影(写真提供えるさん)
早池峰 七折の滝 5

標高700Mの分岐です。
ここで一般登山道(岳からの登山コース)と
合流します。「嫁ヶ淵」の名前の由来は・・・
「怖〜い!」お話のようですぅ。(^_^;)


2005年4月10日撮影
早池峰 七折の滝 6

木々の根元にチラホラと草の緑が見えました。
「春だなぁ〜♪」って感じですよねぇ〜!
緑を見ると、心が和みます♪(^o^)


2005年4月10日撮影
早池峰 七折の滝 7

「おぉぉ〜!」七折の滝に到着♪
いやはや、スゴイ滝ですねぇ〜♪
折曲具合といい、まるで噴水のような勢いで
噴射している様といい・・・感動いたしました。

全国津々浦々、いろんな沢を遡行して
参りましたが、とても珍しい滝だと思いました。

いくら見ても、見飽きない名滝です。


2005年4月10日撮影
早池峰 七折の滝 8

これは、上の写真の噴水部を
ズームで撮影したものです。

恐ろしいくらいの勢いで噴射しています。
この吹き出し口には、ホースが付いて
いるんじゃないのかな?って、思って
しまいました。元気いっぱい噴出して
いましたよぉ〜♪

2005年4月10日撮影
早池峰 七折の滝 9

その滝下で、懸命に写真撮影をする
えるさんです。私は感動のあまり?
気付くと写真を60枚も撮っていました。


2005年4月10日撮影
早池峰 七折の滝 10

これはちょっと角度を変えて噴出し部を
ズームで撮影したものです。
まるで、水鉄砲のような・・・。
このような滝をヒョングリ滝って言います。

2005年4月10日撮影
早池峰 七折の滝 11

滝下にいると水しぶきを浴びてしまいます。
カメラのレンズを懸命に拭くえるさんです。
ガンバれぇ〜!


2005年4月10日撮影
早池峰 七折の滝 12

これは私なのですが、私はどうでも
良いのです。人物が写っていた方が
滝の規模をご理解いただけると思って
あえて掲載させて頂きました。

この滝、落差50Mあるそうです。
職業病で?どこから登れるか?を
ついつい考えてしまう私・・・(^_^;)。
右壁を直登できそうでしたよ!


2005年4月10日撮影(写真提供えるさん)
早池峰 七折の滝 13

滝の側には、このようなものが・・・。
早池峰山は信仰の山ですものね。
滝が祭られていました。
祭られるに値する名滝だと思います。


2005年4月10日撮影
早池峰 七折の滝 14

これは、滝の上部まで登り、滝頭から
撮影したものです。噴水部の迫力を
ご理解いただけるかと思います。

「汚れた洗濯物をこのジェット水流で
綺麗に出来るだろうなぁ〜!」
なんて、考えていた私でした。

2005年4月10日撮影
早池峰 七折の滝 15

滝の上部まで見に行って、その下山中に
撮影したものです。えるさんの特徴は、
歩く時に、両手をペンギンのようにパタパタ
させることです。もし、ペンギンのような
挙動不審人物?を山で見かけましたら、
「えるさんですか?」と声を掛けてみて下さい。

本人曰く「バランスを取っているんです!」
とのことです。

2005年4月10日撮影
早池峰 七折の滝 16

木にコケや新芽が生えていました。
「春の訪れ」を感じましたねぇ〜♪

鳥の鳴き声もたっくさん聞こえましたよ!
鳥の声と沢の音を聞きながら
山を歩ける幸せを感じていました。
山って、いいですねぇ〜♪(^o^)

2005年4月10日撮影(写真提供えるさん)

滝一覧表に戻るHOMEへ戻る滝の扉に戻る