岩手沢屋交流会 in 森吉 1

去年から始めた岩手沢屋交流会、
今回で2回目になります。

本日は親睦会兼ねての宴会です♪
明日は皆で様ノ沢の九階ノ滝へ行く
予定ですが、お天気が心配です。

2011年10月15日撮影
岩手沢屋交流会 in 森吉 2

明日のことは明日考えよう!
まずは「ごま味噌鍋」を食べましょう♪

給食用ドデカイ鍋でタップリ作りました♪
20〜30人分くらいは作れる大きさです。

2011年10月15日撮影
岩手沢屋交流会 in 森吉 3

今回は私が食当でした。
具材、かなり多めに買いましたが、
これが大正解でした!

もし余れば、明日の朝、ラーメンを
入れて食べよう!と考えていました。

2011年10月15日撮影
岩手沢屋交流会 in 森吉 4

絶好調のS先生です。
御年67歳、そのパワーには驚かされます。

2011年10月15日撮影
岩手沢屋交流会 in 森吉 5

山談義、沢談義で大いに盛り上がりました♪
今回もたくさんの沢屋さんが集まってくれて
感謝・感激です。「友達の友達は、またその
友達で…」って具合で、皆さん、直接的及び
間接的なつながりがあり、「世間はほんと狭い
なぁ〜!」とビックリした次第です。

一番飲んだ方々は、夕方4時から
夜中の2時半まで飲んでいたようです。
ということは、10時間半も…恐るべし。

2011年10月15日撮影
岩手沢屋交流会 in 森吉 6

鍋料理がメインで、その他各々持参された
つまみも数多く出され、これがまた
旨いのなんのって〜♪(^o^)

2011年10月15日撮影
岩手沢屋交流会 in 森吉 7

これも美味しゅうございました♪(^o^)


2011年10月15日撮影

岩手沢屋交流会 in 森吉 8

一夜明け、16日(日)の朝を迎えました。
5時起床、6時半にはこのキャンプ場を出発する
予定が、目が覚めたのが何と6時半でした(^^ゞ。

しかも、私が一番早く起きたようです。
「皆さん、起きて下さ〜い!寝坊ですよ、
6時半ですよ〜!」と。今日は様ノ沢の
九階の滝まで遡行する予定なのです。
ただでさえ行程が長いのに寝坊とは…。
しかも、外は雨降りです…。(^^ゞ

2011年10月16日撮影
岩手沢屋交流会 in 森吉 9

出発時間が遅れたことと、昨日から降り続いて
いる雨の影響で大増水していることは必至、
「遡行するか否か?」リーダーとして決断しな
ければなりません。

問題は今日の天気です。回復傾向にあれば
減水も早い沢なので決行しようかな、と思って
いましたが、天気の回復は望めそうになく、
さらに雨脚が強くなってきましたので、
九階の滝は中止することにしました。

2011年10月16日撮影
岩手沢屋交流会 in 森吉 10

朝食は、昨日の鍋の余りにラーメンを
入れて「鍋ラーメン」を作りました。
これも大好評でしたよ♪

具材を多目に買っておいてよかったです。
ちょうど綺麗に全て使い切ることが出来ました。
適当に買った割りには、ドンピシャリでした。

2011年10月65日撮影
岩手沢屋交流会 in 森吉 11

急遽、サブプランとして考えていた「安の滝と
幸兵衛滝を巡るツアー」に切り替えました。

これは登山道が整備されたハイキングルート
なので、雨が降っても増水しても問題なく
決行できるプランなのです。

皆さん、私の意見に同意してくれました。
「この雨じゃ、しょうがないもの…」って。

2011年10月16日撮影
岩手沢屋交流会 in 森吉 12

朝食を済ませ、後片付けを行い
安の滝へと移動しました。

紅葉が遅れたお蔭で、ちょうど見頃の時期
を迎えていました♪雨が降ったり止んだり、
時折チラッと日が射したりと、めまぐるしく
コロコロ変わりました。

2011年10月16日撮影
岩手沢屋交流会 in 森吉 13

雨降りだというのに、結構な登山者で
ビックリしました。ちょうど紅葉の見頃を
迎えていましたしね。

傘をさして歩くメンバーの面々です。

2011年10月16日撮影
岩手沢屋交流会 in 森吉 14

傘を持たずに雨具で歩く面々も。
まぁ、どちらでも構わないのですが…。

2011年10月16日撮影
岩手沢屋交流会 in 森吉 15

遠方に安の滝が小さく見えます。
あそこまで行くのか…(^^ゞ。

2011年10月16日撮影
岩手沢屋交流会 in 森吉 16

側壁の紅葉も綺麗です♪(^o^)


2011年10月16日撮影
岩手沢屋交流会 in 森吉 17

安の滝(落差90m)に到着です。

昨夜からの雨で結構増水していて
迫力のある滝が見れました♪(^o^)

2011年10月16日撮影
岩手沢屋交流会 in 森吉 18

その安の滝を見つめる仲間達です。


2011年10月16日撮影
岩手沢屋交流会 in 森吉 19

一瞬陽が差し込み、安の滝を照らしました。
絶景かな。

ヤスという美しい少女と久太郎という
若者の、かなわぬ恋の伝説がある
この滝は、高さが90メートルもあります。

紅葉の頃そこに立つと、まわりの錦と共に
二人の悲しみが、幾筋もの白い糸となって
流れてくるようにも見える、と言われています。

水が天から落下するような壮大さが
圧巻でした。「日本の滝百選」の一つ。

2011年10月16日撮影
岩手沢屋交流会 in 森吉 20

その後、立又渓谷の幸兵衛滝へと移動しました。
こちらの滝も紅葉が見事でした!

2011年10月16日撮影
岩手沢屋交流会 in 森吉 21

整備された登山道を歩く仲間たち。

この立又渓谷は、一ノ滝、二ノ滝
そして、幸兵衛滝へと続きます。

2011年10月16日撮影
岩手沢屋交流会 in 森吉 22

小雨降る中、整備された遊歩道を駐車場より
歩くこと約10分でこの一ノ滝へ到着します。

落差30Mのこの滝は、優美という言葉が
ピッタシの美しい滝でした。(^o^)

2011年10月16日撮影
岩手沢屋交流会 in 森吉 23

二ノ滝へ到着いたしました。
全部で三段になっているようです。
特に一段目の滝は、まるで堰堤の
ように見えました。

右下に小さくタラさんが見えます。
紅葉が見事でした♪(^o^)

2011年10月16日撮影
岩手沢屋交流会 in 森吉 24

その後、急登をせっせと登るとやがて
最奥の、そして最大の滝、幸兵衛滝に
到着いたします。


2011年10月16日撮影
岩手沢屋交流会 in 森吉 25

この滝、落差がなんと108Mもあるんですよ!
100Mクラスとなれば、目もくらむような高さです。

まるで滑り台のような滝でした。


2011年10月16日撮影
岩手沢屋交流会 in 森吉 26

幸兵衛滝を見物後、駐車場で解散しました。
九階ノ滝への遡行は出来ませんでしたが、
皆さんとても喜んでいただけたようで、
嬉しく思いました。(^o^)

どんどん沢仲間の輪が広がって
いくのを実感しています。
皆さん、本当にありがとうございました♪

2011年10月16日撮影

滝一覧表に戻るHOMEへ戻る滝の扉に戻る