湯淵沢・二天ノ滝 1

田沢湖町・湯淵川の上流部にある二天ノ滝、
実は2005年の9月に単独で挑戦しましたが…。
この時は、ブナ森トンネル方面が通行止めで、
湯淵川の下流部より延々と遡行しました。

二天ノ滝手前の中ノ滝の上まで到達するものの、
それ以降もあまりのゴーロ歩きの長さにウンザリ
途中敗退したのです。
あれから4年…気になっていた滝でした。
この二天ノ滝、いつか自分の目で見てみたい!

車のアプローチは、左の写真の通りです。
写真をクリックすると拡大されますよ〜♪
湯淵沢・二天ノ滝 2

湯淵沢上流部の橋より二天ノ滝に至る
私が辿った遡行ルートは赤の点線ルート!

コル(最低鞍部)の登降をどうするか?
が最大の思案のしどころであり核心部。

このコルを越えて二天ノ滝へ至った
遡行記録を見つけることが出来ず、
行き当たりバッタリ勝負、あとは現場で判断!

2009年10月26日撮影
湯淵沢・二天ノ滝 3

宝仙湖にかかる川崎橋より
宝仙湖と紅葉を望む。

天気予報によれば晴れるハズだったのです。
なのに朝から雨ですよ…(^^ゞ。

2009年10月26日撮影
湯淵沢・二天ノ滝 4

ブナ森トンネルを超えるとやがて
阿仁方面へ至る広い道路のT字路に
ぶつかります。ここは左へ(阿仁方面の反対側)
へ進みます。あとは一本道で山越えをします。

すると桃洞林道の分岐(左)が出てきますが、
ここは真っ直ぐ(右側)へと進みます。
右の写真は、桃洞林道の入り口・分岐にて。

2009年10月26日撮影
湯淵沢・二天ノ滝 5

どんどん進むと湯淵沢にかかる橋に到着!
2万5千図で確認、地形から判断して、
間違いなさそう♪この橋には「20」という
看板がありましたので、目印になるかも。

2009年10月26日撮影
湯淵沢・二天ノ滝 6

上記の橋を渡りきった直ぐ右側には
広い駐車スペースがありました。

沢へ降りる顕著な踏み跡もありました。

2009年10月26日撮影
湯淵沢・二天ノ滝 7

上流部だから水量は少ないだろう!と
思っていたのですが、雨の影響か?
思いの他、水量が多く・・・(^^ゞ。

2009年10月26日撮影
湯淵沢・二天ノ滝 8

深いところではこんな感じ・…(^^ゞ。
パンツまで濡らしたくないよ〜!

浅い徒渉点を探しながら遡行しました。

2009年10月26日撮影
湯淵沢・二天ノ滝 9

遡行開始地点の橋より二天ノ滝まで
途中二俣が2箇所ありますが、ここは
二つ目の735Mの二俣です。

もちろん本流は、左(手前)です。

2009年10月26日撮影
湯淵沢・二天ノ滝 10

今回の二天ノ滝に至るルートは、
上の写真「2」の地図「コル越え」を計画しました。
これが一番効率的で安全だと思ったからです。

そのコルが見えてきましたぁ〜!
赤矢印の場所です。果たしてコルまで
登れるのか…?結構な急斜面だなぁ〜!

2009年10月26日撮影
湯淵沢・二天ノ滝 11

そのコル下に到着!

コルへの直登ルートは傾斜が強く、
右手の小尾根を利用し上部は左に
トラバースしてコルへ出ました。

2009年10月26日撮影
湯淵沢・二天ノ滝 12

これがコルへの登りに利用した小尾根。
ヤブも浅く、傾斜も緩く快適に登る
ことが出来ました♪

2009年10月26日撮影
湯淵沢・二天ノ滝 13

白丸がそのコルです。
コルからダイレクトに降りようと思いきや、
絶壁状態でして…(^^ゞ。
どこから降りようか?思案する私。

てなわけで、そのコルより3〜4Mほど登ると…

2009年10月26日撮影
湯淵沢・二天ノ滝 14

でかい岩がありました。右手は枝尾根が派生。
この枝尾根から下ろうと思いきや、
下を覗くと絶壁状態で降りられそうになく…。

結局、主尾根と枝尾根の間のルンゼより
降りてみることにしました。このくらいの
傾斜なら、問題なさそう!

2009年10月26日撮影
湯淵沢・二天ノ滝 15

ブッシュは豊富なものの、それでも、
傾斜が強くって、転ぶと止まらない感じ。

安全を期してザイルを出しました。
ここから30Mザイルぎりぎり一杯の
懸垂下降(シングル懸垂)をしました。
果たして下(傾斜が緩む場所)まで届くかな?

2009年10月26日撮影
湯淵沢・二天ノ滝 16

むぅ〜!ちょっと足りませんでした(^^ゞ。
そのちょっととは、7Mほどですが…。
あとはブッシュをつかみ急傾斜を下る。
40Mザイルであれば、問題ないです。

ここから先は、尾根の裾を回り込み
二天ノ滝目指してトラバースです。
帰り用にピンクテープの目印を
付けながら歩を進めました。
このピンクテープは全て回収済み。

2009年10月26日撮影
湯淵沢・二天ノ滝 17

これが二天ノ滝から派生する尾根
(岩峰)の裾を回り込んでいるところです。

人が歩いた形跡がかすかにあり、
ヤブ漕ぎもパヤパヤ状態で楽勝でした。

2009年10月26日撮影
湯淵沢・二天ノ滝 18

遠方に目指す二天ノ滝が見えてきました〜♪
ワクワクしますねぇ〜♪(^^♪

2009年10月26日撮影
湯淵沢・二天ノ滝 19

おぉぉ〜!ついに二天ノ滝下に到着です♪
幅広の60M滝で、とても立派で見事した!

全国の滝屋さん達がこの滝に
憧れるのもわかるような気がします。

2009年10月26日撮影
湯淵沢・二天ノ滝 20

二天ノ滝の下流部はこんな感じ…。
穏やかなゴーロが続いていました。

2009年10月26日撮影
湯淵沢・二天ノ滝 21

見た感じ、右側(左岸)より
直登できそうにも見えます。

今回はコルに残置したザイルを
回収しなければならず、断念。

2009年10月26日撮影
湯淵沢・二天ノ滝 22

滝の左側は凄い岩峰の尾根です。
この尾根の左側から降りたことになります。

2009年10月26日撮影
湯淵沢・二天ノ滝 23

たっぷりと滝を鑑賞し、
あとは来た道を戻りました。

コルへの登り返しは、ユマール(登降器)を
使って楽チン♪(^^♪。もう直ぐコルです。

ユマールがなくても、ごぼうで登れる
傾斜でしたが、せっかくユマールを持参
したのですから、使うことにした次第です。

2009年10月26日撮影
湯淵沢・二天ノ滝 24

ちなみに入渓地点の橋からコルまでは
難所はまったくありませんでした。
ひたすらゴーロとナメです。
しかし、部分的に深いところがあります。

2009年10月26日撮影
幸兵衛滝 25

二天ノ滝を見物し、駐車場に戻ったのが
まだお昼前でした。車道をちょっと戻って
桃洞林道に入り、幸兵衛滝を見に行くことに♪

ちなみにこの桃洞林道は砂利道で、
部分的に悪いです。RV車なら問題ないです。

2009年10月26日撮影
幸兵衛滝 26

当初は、沢を下降し幸兵衛(こうべ)滝の下まで
行く予定だったのですが、この桃洞林道より
幸兵衛滝の展望台に至る登山道があるという。
(2万5千図には記載されていません)

登山道があるなら利用しない手はありません。
ここが幸兵衛滝に至る登山道入り口です。

2009年10月26日撮影
幸兵衛滝 27

「このような道、訪れる人も人もいない
だろうから半ヤブ状態かな?」と思いきや、
立派に刈り払いがされており、
快適な登山道でした。

しかし、傾斜が強くって、重労働…(^^ゞ。

2009年10月26日撮影
幸兵衛滝 28

落差108Mの幸兵衛(こうべ)滝で〜す♪
落差100Mを越える滝、迫力あります!

2009年10月26日撮影
幸兵衛滝 29

お日様に照らされた紅葉が
とても綺麗でしたよ〜♪(^^♪

2009年10月26日撮影
幸兵衛滝 30

この幸兵衛滝の上流部は、ナメの連続♪
登山道の上から撮影しました。
冒険チックな滝見山行で楽しかったです♪

何はともあれ、めでたし、めでたし♪

2009年10月26日撮影
【行程】 休憩時間含む
<2009年10月26日(土)> 全行程:4時間
湯淵沢の橋・入渓地点(8時30分)〜コル下(9時15分)〜コル着(9時20分)〜
コルから下降開始(9時25分)〜〜二天ノ滝下(9時40分)〜写真撮影とランチタイム♪(10時10分)〜
往路を戻り湯淵沢・入渓地点車デポ地へ(11時10分)〜休憩&移動

幸兵衛滝登山道入り口(11時45分)〜幸兵衛滝展望台(12時5分)〜写真撮影(12時10分)〜
幸兵衛滝登山道入り口(12時30分)

滝一覧表に戻るHOMEへ戻る滝の扉に戻る